観光スポットとして有名な南国の島

与論島は、鹿児島県のもっとも南に位置している島です。珊瑚礁で囲まれており、美しい砂浜と透明度の高い海が素敵な島です。他にも見どころがたくさんあり、魅力的な観光スポットとして有名です。

これが与論島旅行の魅力!

まるで日本とは思えない自然

与論島といえば百合ヶ浜です。百合ヶ浜は天国に近い場所と言われており、干潮のタイミングで出現する幻の砂浜です。百合ヶ浜の波は、ハワイにも匹敵するほどの美しさと言われています。

歴史や文化にも触れることができます

歴史的経緯によって、与論島には城(グスク)が築かれています。琉球伝来の与論方言や、豊年祭である「与論十五夜踊り」は国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

島の味を堪能できます

島中に広がるさとうきびを使った「きびばら」の砂糖や、黒糖焼酎である島有泉は有名です。他にも、地元の人が集まる居酒屋やバーなど、島ならではの味に触れることができます。

沖縄からアクセスしやすい与論島

船で行くなら沖縄の那覇港から約5時間、本部港から約2時間半でアクセスできます。飛行機で行くなら、那覇空港から約35分で与論空港にアクセスできます。

美しい海でマリンスポーツを満喫

美しい珊瑚礁で囲まれた海は透明度が高く、マリンスポーツに適しています。運が良ければ、ディズニー映画で有名になったクマノミとも出会えます。

[PR]

沖縄旅行を激安価格で楽しもう☆
最適なプランを見つけよう♪

コースを確認

熱帯魚

観光スポットとして有名な青の洞窟

与論島の他にも魅力的な南国の観光スポットがあります。青の洞窟を知っていますか?青の洞窟は、恩納村の真栄田岬の下にある洞窟です。ダイビングやシュノーケルのスポットとして有名で、海が青く光り輝いていてとても神秘的です。雨の日でも青く光り輝く海を満喫できるのでとても魅力的です。

青の洞窟へ行くには

青の洞窟へ行くには2通りの方法があります。1つ目は、ボートで行く方法です。ボートで行く場合は、ダイビング器材などを積み込むことができるので利便性があると言えます。2つ目は、ビーチから行く方法です。真栄田岬から階段を降りて青の洞窟を目指します。料金が比較的安く、浅瀬からのスタートなので子どもでも安心して楽しめる方法となります。